コンピュータサイエンスコース と 情報メディアコース

 コンピュータ・メディア工学科には,「コンピュータサイエンスコース」と「情報メディアコース」の2コースが存在します.学生はどちらかのコースに所属して,4年間(3年次編入の場合は2年間)勉強していただくことになります.コースの選択については,こちら をご覧下さい.

 このページでは各コースの違いについて簡単に説明します.詳細な説明は各コースのホームページをご覧下さい.

 

 

両コースで共通に学べること

 1年から3年生までは,コース単位で講義・演習を行います.コンピュータのハードウェアやソフトウェアの基礎的な事項は,両コースに共通して学ぶことができます.両コースでは2年生から専門的な講義・演習の内容が異なります.4年生になると研究室に配属され,卒業研究に取り組みます.

○共通科目
  • 情報数学
  • アルゴリズムとデータ構造
  • プログラミング
  • 計算機アーキテクチャ
  • オペレーティングシステム
  • データベース
  • 情報ネットワーク
  • ソフトウェア工学
  • ディジタル信号処理
など

 

コンピュータサイエンスコース

 今日の高度情報化社会を担うコンピュータは,あらゆる分野に導入され,ネットワーク技術の進歩と相まって現在人のグローバルな活動を促進しています.コンピュータサイエンスコースでは,コンピュータやネットワークに関するソフトウェア,ハードウェア,情報数理などの基盤技術を習得し,コンピュータを中心としてシステムの構築や応用に従事する専門家の養成を目標としています.

 本コースでは,まず,コンピュータリテラシの教育を通して,コンピュータにふれたことのない新入生でも,自然にコンピュータを使いこなせるよう配慮しています.さらに,アルゴリズムとデータ構造の基礎知識に基づくプログラミング技術やオペレーティングシステムを中核とする基本ソフトウェアの設計や製作を学びます.また,計算機アーキテクチャやハードウェアの基礎的技術については,実験や実習を通して具体的に学ぶことができます.

 このように,本コースは基礎をしっかり身につけることにより,柔軟で応用力に富んだ人材を育成するところに特徴があります.

○コンピュータサイエンスコース特有の講義
  • プログラミング言語論
  • ソフトウェア構成法
  • ソフトウェアプロジェクトマネジメント
  • 組み込みシステム設計
  • ディジタル回路
  • ハードウェア実験
など

 

情報メディアコース

 このコースではコンピュータやマルチメディアに関する基礎的な技術,さらに画像・音声・言語など,人間と人間,人間とコンピュータとのコミュニケーションのための情報メディアに関する技術を学びます.

 具体的には,システム利用者の視点から人間の視覚に対するデジタル情報表現(画像・音声・触覚・言語など)の生成と処理の技術,また人間のもつ認知・学習・推論などの非常に高度な情報処理能力,あるいはコンピュータネットワーク社会に起こる諸現象の理解とその技術的な問題の解決方法などについて学びます.

 これらを通して「人間活動によって発生する情報はいかに表現され,またどのようなメディア・経路・手段を用いて伝達されるべきなのか?またどうしたら深い相互理解へ達することができるのか?」など,人間・情報とメディア・コンピュータのかかわりについて深く理解することができます.

 このコースの卒業生は,コンピュータやマルチメディア技術のみならず,今後の情報社会で必要とされる幅広い知識を身につけ,実務から研究までを含む社会の広い分野で活躍が期待されています.

○情報メディアコース特有の講義
  • CG とインタラクション
  • 自然言語処理
  • 人工知能
  • 感性情報工学
  • パターン認識
  • 認知科学
  • プレゼンテーション論
など